晴れやかな舞台を影で支えるウェディングプランナー

晴れやかな舞台を影で支えるウェディングプランナー

ウェディングプランナーとは、結婚のプランやサポート、式の段取りをする仕事で準備期間中の相談・対応、コーディネート、金銭的な調整などさまざまな面で新郎新婦をサポートします。

人生で最も幸せな瞬間であり、最も輝いている瞬間の新郎新婦。



この晴れやかな舞台を影で支える役割を担っています。

アメリカで生まれた職業で、日本ではウェディングプランナーという職種の規定やウェディングプランナーになるための特別な資格制度はありません。



そのため、未経験者でもこなすことができる仕事ではありますが、人気の職業ということもあり採用のさいにはスキルが求められています。
学歴は関係ありませんが、各企業面接を重視し、専門的な質問をするというのが現状のようです。
また、第一印象をよくするためのトレーニングや会話術のテクニックも必要となりますので、ウェディングプランナーを目指すのであれば専門のスクールで学ぶのがよいでしょう。



しかし、残念ながらウェディングプランナーのスキルを学べる学校は大都市がメインで、通いたくても通えないという人もなかにはいるかと思います。

そのような人たちには、自宅で学習ができる通信講座がよいでしょう。


通信講座のメリットは、いつでもどこででも勉強できますが、すぐに質問がかえってこない場合もありますので、質問に対しての応答・対応がよい通信講座を選ぶことが重要となります。



幅広い知識やスキルが求められますので、スクール選びや通信講座選びは慎重に選ぶことが大切です。





Copyright (C) 2015 晴れやかな舞台を影で支えるウェディングプランナー All Rights Reserved.